レシート読み込みは必要なのか?など家計簿アプリ考(前編)

シェアする

家計簿アプリのリスクについては別記事を書きました!
家計簿アプリはリスクをきちんと把握して使え

有象無象の新書みたいなタイトルで気持ち悪くなってきました。お疲れ様です。さてZaimに熱い思いを寄せるあまり詳細UI改善要望まで出してしまうような私ですが、そんなわけで家計簿は結構続いてるんです。2011年の9月からかれこれ3年ぐらいでしょうか。昨年書いたこの記事

家計簿を継続するコツのようなもの | Seamonkey-Director

この記事では、細かいこと気にすんなって書いたのですがその精神で今も続いています。なんか衝撃的に帳尻合わないことがたまにありますが気にしません。そしてその後レシート読み取り機能とかその他いろんな家計簿アプリが出てきたんで、色々と考えたことを書いてみます。

というわけで久々にiPhoneの家計簿アプリ見てたのですが、結構種類あるんですね。なにこれ儲かるの?ランキング上位から3つほど。

iTunes App Store で見つかる iPhone、iPod touch、iPad 対応 2秒家計簿”おカネレコ” 無料、シンプル、簡単、お金節約レコーディングダイエット家計簿

レシーピ!レシート撮影で簡単家計簿&節約レシピ提案! – Google Play の Android アプリ

iTunes App Storeで見つかる iPhone 3GS、iPhone 4、iPhone 4S、iPhone 5、iPod touch (第4世代)、iPod touch (第5世代)、iPad 2 Wi-Fi、iPad 2 Wi-Fi + 3G、iPad (3rd generation)、iPad (3rd generation)、iPad Wi-Fi + 4G、iPad (4th generation)、iPad Wi-Fi + Cellular (4th generation)、iPad mini、およびiPad mini Wi-Fi + Cellular 対応のReceRecoレシート撮影で支出管理!家計簿で節約、貯金

(ブレインパッドさん、タイトルなげーっす。)

レシート読み取りについて
最近はレシート読み込みが流行ってますよね。Zaimも付いてて使いましたが、すぐやめました。精度低いんだもん。そしてレシートが長くなればなるほど精度がさがる。更に長尺だとなんと複数回撮影しろと。テレビでやってたりするとうちの嫁とかマジかよすげぇ!ってなるけど、これみんなISP社のエンジン金払って入れてるだけじゃん。ガラケー時代からあるし。大体レシートって、フロア会計毎にもらうと思うんで合計金額を全額食費とか被服費にぶっこんだ方が楽なのと、とにかくちゃんと読み取れなくて結構ストレスが溜まってしまう。結局、時間がおおいにある方はレシートの商品名を読み取って項目振り分けて登録すればよろしくて、それがスマホでレシート読み取れたからといって自動で商品ごとにこれは酒、これは食料って分けてくれる機能もない。

結局、現段階ではこれぞいわゆる各種家電からソフトウェアまであまねく搭載される「一発屋機能」であります。iPhoneでいうところの「Siri」であり、冷蔵庫でいうところの「透明氷機能」であり、それ自体が一発屋ともいうべき「日産リーフ」だったりするわけです。

続けられる家計簿とは
んじゃぁおカネレコみたいに手動入力で超シンプル路線でできるだけ登録導線短くした方がいいのかっていうとたぶんそう。家計簿ってのはめんどくさい。めんどくさいけど、癖になったら使っちゃう。そのために、癖になるぐらい簡単に入れられないといけないし、しゃらくさい詳細カテゴリなんかはオミットした方が絶対良い。ものすごい頻繁に使うアプリなので導線は短いほうが良い。て感じ。ちなみに私はiPhoneを脱獄してるので、Activatorのショートカットでホーム画面のどの面からでもジェスチャーでZaimを起動できるようにしています。シンプルですぐに立ち上がってすぐに入力できるのが大事なんです。そういう意味で言うとReceRecoってレシートOCRに特化してるからこれはこれでちょっと危険なのかなと思ったりするんですが、これをブレインパッドがリリースしているという点で色々今後のことがあるのかなーと思ってます。その辺は後編にて。

結局のところ最初に家計簿をつけ始めるときは色々比較するもんです。やれ予算が組めるだ、やれ項目名がカスタマイズできるだで比較した挙句、妙に高性能なアプリ買っちまうものなんです。わかります。なにせ私、Pocket Moneyのデスクトップアプリ2000円ぐらいで買ってますから。もう使ってないけど。なので家計簿アプリを探していてここに辿り着いた方、悪いことは言わないので一番入力ステップが少ないやつを選びましょう。

ちなみに、DNPのレシーピ!は上記の点について何も考えてないアプリなので試さなくていいです。アルパカ出しときゃいいってもんじゃないだろと。大体何なんですか、スプラッシュ画面で「ダウンロード数目標達成!」って出てるけど、それは御社の目標であってエンドユーザーには関係無いでしょ。そんなもんのためにスプラッシュ画面出して入力まで待たせるなんてユーザーのこと考えてない証拠です。サーバーとのデータ同期をごまかしてるとしても許せない。声を大にして糾弾したい。さらに金額入れるまで何回タップさせるのかと。

iPhoneだとおかねレコがいい感じなんですかねー。カテゴリもよく使う奴がワンタッチで選べてホント入力ステップ数が少ないです。視線の移動もわかりやすくて入力を最重要視している印象。

さて、後編は家計簿アプリの今後について書きたいと思ってますがまだ書いてないです。

スポンサードリンク
 
シェアする