旧プランユーザーへのGoogleDriveの対応が神っぽい

シェアする

なんかよくわからない状況ですが$5で20GB買っていた自分の状況を書いてみます。

古い容量プランと新しい容量プラン

ここに書いてあることがすでにわかりづらいのですが、頑張って読み解いてみると…まず大前提として、現在の容量をアップデートしようとした場合、旧プランの適用は解除されて新プランで増量しなければいけないようです。現在契約している容量で継続使用する場合のみ年契約の旧プランが使用できる模様。

購入していた容量の使われ方ですが、このページを見る限りでは旧プランで買っていた容量は、Gmail、Googleドキュメント、Picasaで使用できると。新プランで買えばGoogleDrive、Picasa、Gmailで使えると書いてあるように見えます。つまりDriveの容量に旧プランは適用されないものだとこのページを見た感じでは思いました。がっかりです。というか、結局旧プランで買ってた容量がどうなるのかがいまいちわからないこのページ。まぁ見た感じ、Driveには適用されないっぽい。

ところが現状です。まずGmail。


11.6GB/30GBになってます。使用量はGmailとPicasaで使ってる分で使用していることになっている模様。旧プランの20GB+増量された10GBですね。

さてPicasaです。

12.12GB/21GB、あれ?これは買った20GB+無料の1GBってことでしょうか。前はGmailと共有だった気がするんだけど…しかも使用量がGmailで見えるのより多い。

そしてGoogleDrive。

1.34GB/25.6GB、この1.34GBはDropboxからコピーしたものなんで全然別のファイルです。どうやら無料5GB+旧プラン20GBが別枠で付与されてるっぽい。Picasaに上がってる12GBはノーカウントw

という感じの現状です。Googleさんありがとう。都合45GBも付与していただいて。これで年間5ドルなんだから爆安だよ。でもPicasaが足りなくなって増量しようとしたら月額に移行しないとダメなんだよね。さらに、カードが与信通らなくても新容量になるらしい。有効期限切れとかには気をつけたいですね。

アカウントが無効になっていたり、クレジット カードが拒否されたり、容量プランを変更(アップグレードとダウングレードのどちらでも)した場合は、Google の新しい容量プランに切り替わります。

スポンサードリンク
 
シェアする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください