ドコモiPhoneのSIMをnexus5に入れて使えるようにしてみた

シェアする

IIJのMVNO SIMを入れて使ってたnexus5なんですが、今メインで使ってるドコモiPhoneの契約をXiパケ・ホーダイフラットにしてnexusでも使えるようにしたのでせっかくだからメイン端末として使ってみました。

下準備
ドコモのiPhoneはXi パケ・ホーダイ for iPhoneっていうiPhone専用のプランになっていて、そのままSIMを差し替えても使えません。なので、ドコモショップに行って契約を変更する必要があります。あと、月額が500円上がります。

iPhone以外でも使いたい――ドコモの「パケホーダイ for iPhone」での制限事項おさらい – すまほん!!

この辺を参考に。近所のドコモショップでは契約変更したいんですけどーと伝えると、いったんお姉さんが奥に引っ込みましたが、一緒に出てきた店長みたいな人が指紋認証して普通にプラン変更してくれました。せめて500円上がるとか月末でも当月適用とか言ったほうがいいんじゃないだろうか…こんなアホなプラン変更相当なマニアしかやらんだろうし、わかってたからいいけど。

そしてSIMサイズが違うのでアダプタを買います。

APN設定
moperaのAPNはnexus5に最初から入っているので設定はいらないのですが、今回はspモード接続で使いたいので自力で設定。といってもAPNのところにspmode.ne.jpって入れるだけ。ところがまったくもってつながらない。どうやらIMEIで制限されているっぽいんだけど自分のnexus5は対象範囲なんだよなぁ。

価格.com – 『spmode.ne.jpが設定可になりました。』 Google Nexus 5 LG-D821 16GB SIMフリー のクチコミ掲示板

というわけで仕方なく半年無料のmopera Uスターンダートを契約。あっさりLTEでつながります。ちなみに、spモードとmopera U スタンダードプランは併用するとISPセット割で300円引かれて500円だけど、半年間はmoperaの方が無料になるので300円のみの請求です。あとどうでもいいんですけど「spモード」spは小文字が正式名称です。

お引っ越し
すでにiPhone上でGoogle連絡先やカレンダーと同期しているので、LINEを引っ越しするぐらいで使えるようになります。トーク履歴は引き継げないので要注意。あとスタンプはダウンロードしなおしです。

というわけでAPNの設定さえやればすぐに使えるようになります。元に戻すときもLINEのログインするぐらいで戻せるので、トーク履歴に執着のない人は週替りでAndroidとiPhoneを行ったり来たりして楽しめるんじゃないでしょうか。やっぱデータSIM入れてるよりも電話も受けられるメイン端末として使ってみると見えてくるOSごとの便利さ不便さってのはありますねー。

スポンサードリンク
 
シェアする