au WALLETは本当にお得か。

シェアする

この記事は正式リリース前に書いたもので内容については想像を含んでおります。ご了承ください。

昔から「え、これキャリアがやるんか?」というサービスを始めるのが得意なKDDI。サブスクリプションタイプの通販とかまだやってんのかな。そんなKDDIのau WALLETについてちょっと考えてみました。

au WALLETについてはASCIIの記事がわかりやすいです。KDDIの新戦略“au WALLET”の狙いを読み解く

基本的にはMasterCardが使えるお店で使えるプリペイドカード。アプリからチャージでき、利用はau利用料金の決済代行で携帯代と一緒に引き落とされるとのことなので、Edyみたいにカードに直接残高を書き込むわけではないのでリーダーライターとかはいらないのでしょう。さらに、KDDIが出資しているWebMoneyも一つのau IDで使えるのがメリットとされています。なのでもしWebMoneyが使えないサイトがあってもMasterCardを使えば決済ができるので便利とされています。

ちょっと解せないのが、WebMoneyの必要性。MasterCard使えなくてWebMoneyだけ使えるシチュエーションってのが一般人にとってどれぐらいあるのか。それよりも全体像をわかりにくくしているのがWebMoneyとMasterCardのプリペイドクレジットカード(?)の2つのお財布が1枚に入ってるっぽいこと。

これ、PiTaPaのわかりにくさと同じような感じなんですが、基本的にカードなら1枚に1つの財布にした方がいいと思うんですよね。この前嫁にPiTaPaの説明をしてて、PiTaPaエリアで使うと後払い。ICOCAエリアで使う時はチャージした金額から引き落とし。これがすでに理解できてない。PiTaPaにはプリペイドとポストペイの2つの財布があるんです。au WALLETも見た感じWebMoneyとMasterCardプリペイドの2本立てになっててしかも両方チャージが必要なプリペイドタイプ。正直クレジットカードのように使うのには無理があるように思えます。

ユーザーメリットとしてはASCIIでも書いてあるとおりポイントカードを複数持ち歩かなくていい(ただし加盟店の数次第)、とかクレジットカードを持てない中高生がカード決済(プリペイドだけど)を使える、ってところに落ち着くのかなーというところ。後者の方はブラックの方や未成年者などには一定の需要はありそうですね。もっとも、キャリア移行しても使い続けられるJNBのVisaデビットの方が何倍もマシな気もしますが…まぁどうせまた店頭獲得使って強引に発行枚数増やして社長が会見でドヤ顔するのかと思うと胸糞悪くなります。

肝心のお得度についてはau WALLETを使用した場合の還元率次第になってくるわけですが、相当高還元率にしないことにはあまり乗り換えるメリットは無いでしょうし、これでポイント生活ヒャッハーするにはプリペイドなのが足かせですね。なんか色々中途半端な感じ。

ビッグデータ(笑)でO2Oの方はアレですね。まぁバズワード入れときゃいいやみたいな投げやりな感じの中にプライバシー問題に関わりそうなセンシティブなネタをトッピングして炎上間近な案件なんでしょうか。詳細仕様を待ちたいと思います。

キャリアメールが使われなくなってきて、よりMNPによるキャリア移動のハードルが下がっている現在、各社ともに2年縛りの先にあるリテンション施策が必要とされているのはわかるのですが、やっぱりKDDIはこういう施策、一番熱心ですよね。でも結局、au WALLETでポイントを貯め続けるより2年間貯めて換金するなり精算してMNPするってのが一番かしこい携帯ユーザーになってしまう現状を見ると、根本的なMNP優遇の施策っていうのは何とかしていかないといけないのではないでしょうかね。どっちにしろ、各社との連携システム構築に数億〜十数億は使ってると思いますが、正直ユーザーのメリットとして返ってくる部分は少ないサービスな気がします。(ユーザーから吸い上げた金でチャリンカーしてる某社よりはマシですが…)

追記

サービスが正式にリリースされました。
わかりにくかったWebmoney連携は無くなり、KDDI契約者は、じ銀の他行宛振込手数料が無料みたい。これ最初だけだとしても結構得ですね。給与振込み口座を変えてもいいかも。
au WALLET | ポイントも貯まるあたらしい電子マネー | au
じぶん銀行、au 利用者向け特典「プレミアムバンク for au」提供へ、手数料無料や「au WALLET」チャージ増額 – インターネットコム

過去にじぶんカードの度重なる改悪や100年続かなかったメールサービスの前科もあるんでこの優遇がいつまで続くかってところですが、au契約者で振込をよくする人にはお得ですね。

スポンサードリンク
 
シェアする