iPhoneでパスワード付きZipを作ってFTPでサーバーへ上げる方法

シェアする

なにせアプリ間の連携が弱いiPhoneですが、一応お金を使えばパス付きZipを作ってFTPサーバーへアップすることもできるのでご紹介。


仕事とかでパス付きZipを送ったあとに退社して飲みに行った時に限って、「パスワード間違ってて開けないんすけど」と連絡がくること、よくありますよね。そんな時に元ファイルさえあればiPhoneだけでパスワードを修正してサーバーへアップすることができるんです一応。

必要なアプリはこの2つ
FTP Client Pro
これは300円

iZip Pro
こっちが700円。ちょっと高いけどパスワード付きZipを作成できるのはProだけ。

なお、DropboxとiZipが連携できるので、元ファイルはDropboxに入れておくのがおすすめです。

手順としては、
iZipでDropboxにアクセスしてファイルをダウンロード

パスワード付きZip作成

ファイルの共有メニューからFTP Client Proを選択

上げたいディレクトリを選択してアップロード

という感じでそこまで面倒ではありませんが、どうしてもファイルをダウンロードしないといけないので大容量ファイルの場合は難しいですね。

ひとつ手こずったのがiZipでパスワード付きZip作成のメニューが見当たらないのですが、これは設定メニューから普段使う圧縮方法を設定する必要があります。
写真 1
iZipの設定メニューを呼び出して…

写真 2
パス付きZipを作成するを選びます。

以後、この設定は有効です。使い分けるのはちょっと不便かもです。

スポンサードリンク
 
シェアする