DSC-QX10がほしい!

シェアする

さて、ソニーのイロモノガジェットQX10。要はディスプレイのないデジカメなわけでちょっと色々調べて考えてみました。

万能ズームが便利
35mm換算で28〜250mmをカバーできるので、屋外での野良猫撮影などが非常に捗ると予想されます。なにせスマホでは寄れない野良はしんどいですし、普段使ってるNikon1につけてる28〜90mmの標準ズームでも足りない時がある。8万する万能ズームを買う金はございませんので、いいなーと思うわけです。

コンパクトさは全てです
単体105gという軽量ボディは持ち歩くのにピッタリ。私のJ1はレンズ込みで250gぐらいあります。それでも軽い方なんですが105gはたまらん…

スマホ連携
スマホ連携というかスマホがないとほぼ使えないQX10。その場でアップしたりできるのはすごく良いですね。今はEye-Fi使ってるんですけどあれはタイムラグがどうしても発生するので完全に連携しているカメラっていいなーと思っています。

デメリット
さて、デメリットも結構あります。まずオートしか無いこと、実質Cyber-shotのWX200と同じセンサーなのでコンデジレベルってこと、AF-Cが使えないこと、いや結構致命的ですね。用途はちょっと限定されそう。AF-Cが無いのは野良ネコ撮影には痛い…

それでも面白い!
そんな致命的な話もありますが、形状とかコンセプトに惹かれますよね。さらに、アプリ開発者向けにAPIが公開されるらしく、サードパーティー製アプリが開発可能とか。これはカメラ機能と連携していろんな面白いアプリが出てきそうな予感がします。もうちょっと高機能になった次世代QX11か12あたりになったら手を出してみるのも良いかもしれません

スポンサードリンク
 
シェアする