Colorant USG ITG – Impossible Tempered Glassのレビュー

シェアする

久々にガジェットの話題です。以前より画面の保護シートは普通の安い光沢タイプを使っていたのですが、iPhone5にしてから色々と選択肢が多く、その中にガラスタイプというのがあるのを知りました。PET製よりもクリアでなにより硬いとか。貼り付けてみたのでレポートします。

貼り付け
PET製はグニャっと曲がるのですが、ガラス製はほとんど反らないです。これが貼り付けやすいというレビューも見ますが、結構反った状態で気泡を出しながら貼っていく私のやり方だと非常に貼りづらい…インストラクションによると、ゴミを取り除いた状態で静かにフィルムを乗せ、真ん中を軽く押すとじわっと気泡が抜けていくとありますが、どうしても中央に気泡が残ります。仕方ないのでホームボタン部分を押し付けて下から気泡を抜きながら貼っていくトラディッショナルな作戦へ移行します。中央部分になぜか頑固な気泡が残ったので困りましたが何度目かでやっと成功。ゴミさえちゃんと取り除けば貼り直しは可能ですが、端っこに爪を引っ掛けてはがすとその部分が歪むようで、端の気泡が消えなくなります。iPhone白だと目立たないのですが黒は目立つかも。

感触
PET製はちょっとしっとりして滑りがやや悪いのが特長ですが、ガラスフィルムはツルツルと滑りが良いです。PETフィルムにブリスXでガラスコートした時よりも滑りが良い感じ。スルスル滑って気持ちいです。

反面、タップした時の感触が硬いです。カツッって感じ。PET製だとしっとりしたタップ感だったのですがこちらはとても硬質に感じてちょっと違和感があります。慣れると思うけど。

見た目
見た目ですが、光沢感はすごくあります。ツルツルピカピカという感じ。ただ、画面が精細に見えるかと言われれば…んー、まぁ言われてみればそうかもねぇというぐらい。よほど近くで見ないとわからない気がします。一方、今回買ったのは薄型の0.26mmのやつですが、それでも結構厚みを感じます。ホームボタンには何も貼っていませんが、かなり凹んだところを押している感じがします。特に浅い角度で光が当たる環境の場合はフィルムのエッジの影が白い枠に映り込んで気になる人は気になるかも。

総評
結構鍵でフィルムを傷つけたりして2ヶ月に1枚はフィルム交換をしていたなんて人には3000円するこのフィルムもいいかもしれませんが、高精細を期待して買うとちょっとがっかりするかも。また、貼り方は気をつけないとフィルムのエッジを痛めて気泡が取れなくなる可能性がありますので要注意。フィルムにホコリが付いた場合は普通にテープで取れるので、PETのフィルム貼りがうまい人なら大丈夫のはず。あとは落下時の画面保護性能ですがこればっかりはわからず。レビューのように落としてもこいつが割れて本体を保護してくれるなら万々歳。リピートすると思います。

スポンサードリンク
 
シェアする