iPhoneとAndroidを真剣に比較した

シェアする

私はかれこれもう5年ほどスマートフォンを使ってまして、古くはWillcomのWindowsMobile機、iPhone、Androidと来てます。今はAndroidメインですが仕事ではiPhoneも使っています。基本的に、一番使用頻度の高い私用端末は一番欲しいものをと思ってますので、1年に1回は買い換えてる感じです。Androidはもう2年半ぐらい使ってまして、もう離れられないかなと思っていたのですが、真剣に色々考えてみて、次はiPhone5S(出ると仮定して)かなと思えてきました。AndroidとiPhoneはよく比較対象にされていますが、2ちゃんや価格の掲示板だと感情的な話が多くて実際どうなのかというのを考えてみました。

キャリア選びは置いときます
結構キャリアが問題になるのですが、これはまた話が長くなるので置いときます。私は10年以上auを使ってますのでAndroidもiPhoneも選べる一番選択肢の多いキャリアですし。

スペック比較という間違い
両者を比べる上で、メモリがどうのこうのとかCPUがどうのこうのという話をよく聞きますが、そもそも動かしているOSが違うのであまりアテにならないんじゃないですかね。特にAndroidはVM上で動かしている、要はMac OS XにVMWare Fusionを入れてそこで動いているWindows(Android)とネイティブのWindows機(iPhone)を比較しているようなものなので、同スペックの場合Androidの方が不利です。このへん、iPhone4Sが512MBのメモリしか搭載していないのにサクサク動くのはそういった理由からです。なので単純なスペック比較はできないと考えましょう。

一つの指標として、ブラウザのJavascriptベンチマークがあります。あくまでJSの実行速度ベースの比較なのでブラウザの性能などの違いはありますが、iPhoneは総じて同スペックのAndroidよりも高い数値が出ます。ただし、私のISW16SHでも標準ブラウザでは1900msなのに、Chromeでは1400msとなるのでブラウザの出来によって多少数値は前後するようです。

ヌルサク信仰
iPhone→ヌルサク、Android→カクカク、これは1年前ぐらいまでよく言われていましたし、実際その通りだったと思います。しかしAndroidOSが4になり、メモリが1GBが普通になってからこの問題は払拭できているのではないでしょうか。Androidも現行の世代ではスクロールに関してはヌルサクと言って差し支えないレベルに達しています。ただ、フリック入力の滑る感じが未だにAndroidは劣る部分があるような気がしてなりません。このあたりはIMEにもよるので個体差、ソフト差がありますが、文字入力の快適さではiPhoneに軍配が上がります。変換精度ではAndroidのATOKが群を抜いているのは間違いないのですが…

Androidは使いにくい、iPhoneは使いやすいという定説の是非
使いにくい、使いやすいという感覚は人それぞれのものなので非常に定量化しづらい部分があると思います。一番一般的なWeb、メール、電話をするにあたって必要な動作を分解して考えてみると、まずはアプリの起動ですね、しかもこの3つが起動出来れば良いわけですが、ここで評価されるのはホーム画面でしょう。iPhoneの場合はドックと呼ばれる最下行に4個のアイコンが置けます。Androidの場合はホーム画面の仕様がまちまちですでに評価しようという努力が崩壊しているのですが、Androidの標準UIでは、ドック+ショートカット画面+ドロワーの3構成です。このショートカット+ドロワーという分割はわかりにくいですね。電話とメールとブラウザぐらいならドックかショートカットに見えるはずなのでそこまで大差があるとは思えません。
ではホーム画面の先のアプリケーションという点で見ると、これは純正アプリの操作感が統一されているiPhoneの方が優れいていると言わざるを得ません。このあたりの使用頻度の高いアプリケーション、特にブラウザとメールアプリですが、これの完成度の高さというのがそのまま端末の評価に繋がってくるのではないでしょうか。

本当にiPhoneの方が画面が綺麗?
単純に密度的な問題で言うと、Androidのハイエンド機の方がRetinaディスプレイよりも高密度なものを使用しています。なので、スペック上は確実にiPhoneよりも綺麗なはず。しかし、ユーザーレビューなどを見ているとiPhoneの方が綺麗だったという人が多い気がします。これは恐らくですが、フォントとアプリの見た目が影響していると思います。XPERIAなどでは丸ゴシックが多く使われていて、丸ゴシックなので当たり前ですが曲線が多いフォントです。曲線の多いフォントはマイルドで親しみやすい感じがしますが、もっさりした印象を与えてしまうこともあります。一方のiPhoneはヒラギノ角ゴ、Helveticaが標準で使われています。角ゴシックなのでカドが多く、シャープな印象を与えます。Androidでも液晶が綺麗といわれるシャープ機ですが、これはIS03の頃からなぜかモリサワ新ゴを使っており、iPhoneと同じような文字の見え方になります。

さらに、iPhoneはユーザーインターフェースデザインがしっかりしているものが多く、プログレスバーやローディングアニメーションなどのデザインも洗練されたものが多いです。Androidの場合、特に2.3まではデフォルトのローディングアニメーションやボタンパーツのデザインが野暮ったいものが多く、その辺りも「iPhoneは画面が綺麗」と言われる所以なのかもしれません。まぁ個人的にもiPhoneの画面の方が綺麗だと思います。色味の調整やフォントの選び方、アプリのデザインの影響もあるのでしょう。

アプリケーションの使いやすさ
特にメールアプリの使い勝手で両者に差が出てきます。使用頻度の高いメールアプリですが、Androidではドコモだと悪名高いSPモードメールや各メーカー製メールアプリでキャリアメールをやり取りすることになります。頻度が高い割にキャリアメールは使いづらいのがAndroidの難点ですね。ただ、デコレーション機能などはiPhoneには無いため、Androidの方が優れています。総じてアプリケーションのUXはiPhoneの方がよく練られていると考えてよいでしょう。そしてAndroidの場合は、iPhone標準を強引に持ってきたアプリやAndroidのガイドラインに忠実なもの、フリーダムなものが混在しており、それが使いにくさという評判を生む原因になっているのではないでしょうか。個人的には、便利なアプリなんだからそれぞれに慣れろ、というところです。

UIの違い
ここでのUIとはアプリケーション的な話ではなくハードウェア的な話なのですが、iPhoneで通常使うハードキーはホームボタン1つです。これさえ押せば見慣れたホームに戻れるという素敵なボタンですね。一方、Androidではホームボタンの他に戻るボタン、メニューボタンがあります。この点、Androidはよくできていまして、Webブラウジング体験においてもっとも押す頻度の高い戻るボタンをハードキーとして実装しています。しかも、Androidの戻るボタンはアプリケーションを飛び越えて戻ることができます。これは便利ですね。自分もAndroidに慣れたあとにiPhoneを使った時一番不便だなと思うのはこの戻るボタンです。どのボタンをおすか迷うといけないという思想がiPhoneからは感じられますが、さすがにボタンは2個ぐらいあっても良かったのではないかと感じます。

自由度の差
よく、Androidはなんでもできるって言われます。じゃぁ実際の利用シーンで使えるAndroidならではの「できること」ってなんでしょう。iPhoneと比べた大きな自由度の差でいうと、Android特有のインテント機能がが挙げられます。共有ってボタンを押すと、関連付けられたアプリのリストが表示され、例えばギャラリーで共有を押すと、TwitterやらFacebookやらGmailやら好きなアプリを選んで共有できるんです。これはすごい便利ですね。あとは通知バーを色々いじってWi-fiのショートカットを置いたりできるのはAndroidの魅力です。iPhoneはJBしないとできませんよ。

クラウド連携
こりゃGoogleでしょう。ギャラリーをPicasa同期しとけば自動でアルバムが流れ込んでくるし、Google関連の同期メリットは大きいですね。他にも、Titanium Media Sync使えば画像をDropboxに自動でバックアップできたり可能性は無限大かと。iPhoneのDropboxで同じようなことはできるけど、Wi-Fi接続時かつAC電源接続時みたいな条件付けはできないですからねー。

バックアップ&復元
もう断然iPhoneですね、しかも何も考えないで全部の設定が復元できる。Androidはroot取らないと完全なバックアップはできないのが難点です。

まとめ
いい加減そろそろまとめたいのでまとめますが、以上の理由をグダグダ考えた末に、もうAndroidいいやってなったわけです。カスタマイズできるのが一番のAndroidの魅力なんですが、面倒くさくなっちゃってきました。もうカスタマイズとか設定とかアプリの並べ替えとかウィジェットとか面倒なことやるのいいから、シンプルでコンパクトでカメラがちゃんとうつる携帯が欲しいなーって思ったわけです。

写真撮ってFacebookとTwitterやって、ブラウザでサイトが見れて、2ちゃんのまとめサイトリーダーがありゃもう他にいらんのですわ。確かに、Androidはできることが多い。マイクロSD入るから隠しフォルダにしてXXXなファイルをぶっこんだり、FLV再生したり。アプリの起動にロックかけたり、イヤホンつないだらミュートされてたメディアボリューム上げたりとかできるし。でもそれあげたらきりないですよ。絶対Androidの方ができること多いんですもん。

年なのかIT疲れなのかわからないですが、ガジェット好きでもだんだんめんどくさくなってくるもんなんですね。もちろん、Androidはいいプラットフォームですし、今年はそりゃiPhone5Sなんてクソでしょ!みたいな素敵な機種がいっぱい出るのも聞いてます。でもなー、今はiPhoneに傾いてます。早く5Sでないかな。

スポンサードリンク
 
シェアする