Eye-Fi→Pixelpipe→Picasaの連携が半端ない件

シェアする

=現在は直接Picasaにアップロードができるようになっているので、この方法は不要です=

=さらに追記:現行品のEye-fi mobiシリーズはWi-Fiルーターに接続してPicasa等へ直接画像をアップロードする機能はなくなっています。この機能が必要であればX2 PROが必要です=
遅ればせながら最近ようやくEye-Fiの活用法がわかったので書いてみます。

もともと海外に行った時にカメラからスマホへ簡単にデータを移行してFacebookとかに投稿できたらいいなーと思ってそう使っておりましたが、まぁあまり旅行も行かないので出番が無いw そんなときふと思ったんですわ。

「あれ、これPicasaへデータ直送できないの?」と。
結果から言うと直送は出来ないっぽい。

普通にPCに入ってるEye-Fiのソフトで設定すると、PCにアップロードした画像がPicasaに転送される、つまりPCの電源が入ってないとPicasaへは行ってくれない模様。(んなわけねーだろって方はやり方を教えて下さい!) で色々調べた結果、PixelPipeという画像転送サービスを使ってPicasaへ送ると可能みたい。

これは、PixelPipeへデータを送ると、たとえばEvernoteだったりFlickrだったりPicasaだったり、好みのサービスへ画像を投稿できるサービスなんですね。 というわけで、流れとしてはEye-Fi→Wi-Fiアクセスポイント→Eye-Fiサーバー→PixelPipe→Picasaって流れになります。手順書いていきます。

  1. PixelPipeに登録。※Twitterアカウントで登録できます。
  2. PixelPipe上でPicasaアカウントを設定。 MyPipeというメニューから新規サービスを追加します。投稿時のプライバシー設定とか投稿タグとか。 このPixelPipeなんですが、どうやら画像についたタグをトリガーにして別サービスへ投稿するようです。 というわけでタグを「eye-fi」に設定(理由後述)
  3. Eye-Fi側で設定。これはこのページに詳しく書いてあるのでどうぞ。Eye-FiからPixelpipeを利用するにはどうすれば良いですか? << よくある質問 << サポート << Eye-Fi Japan 

ちなみに、Eye-Fiの連携画面にGalleryというアプリが2,3の2つあるんです。よくわからないのでGallery2にしました。 あと、投稿時のタグ設定が見当たらない…変えられないのかなぁと思っててとりあえずデータアップしたら 「eye-fi」というタグが付いていたので、(2)でそれを設定したわけなんですね。これどうやって変えるんだろう…

画像のサイズですが無料圏内の1600pxがお勧めです。理由としては、あくまでこの直アップロードは確認用であって、最終的には取捨選択した上で作ったデータをPicasaにPCからアップロードすることを想定しているからなんですね。 あと、出先でスマホから直接Facebookに投稿したりとか。

とまぁこれで完了です。写真を撮影してしばらくすると、設定したアルバムに画像がアップされます。例えば、家で猫とかぽちぽち撮る場合はとても便利です。撮ったやつが自宅のWi-Fi APからPicasaへ上がってすぐにチェックできるんで。ある程度溜まったり、時間があるときにPCへデータ移せばいいし、最低限バックアップになるんでいいですね。

さらに、テザリング設定したスマホがあると超便利です。APを登録しておけばスマホ経由でPicasaへ直送され、ギャラリーに現れます。擬似的にスマホへ転送してるような感じですね。なにより、あの使ってないのに常駐するEye-Fiアプリとおさらばできるのは画期的です。Instagramとかへの投稿もできますよ。

上記例はPicasaですが、DropboxやFlickrなどなど数多の画像系Webサービスへデータを転送できるので、好きなところへ送るといいと思います。Eye-Fi持ってる方はお試しあれ。すごく便利です。

スポンサードリンク
 
シェアする

「Eye-Fi→Pixelpipe→Picasaの連携が半端ない件」への2件のフィードバック

  1. あれ、できてますよ。。写真共有サイトへの自動アップロード。自分は Google+ へ自動でアップロードしています。Wi-Fi を登録しておけば、自宅でも会社でも、デジカメの電源をONにしてしばらく放おっておけば、PCがあろうがなかろうが関係なく、勝手にGoogle+のページにアルバムが作成されています。至極便利。

    ちなみにEye-Fiカードは、Explorer X2 というものです。

    1. コメントありがとうございます。
      そうなんですねー。これ書いたときは色々調べた結果どうもできないらしいということで、Pixelpipeを使う方法を書いた次第です。折を見て自分も設定いじろうと思います。情報ありがとうございます!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください