エコ技設定とキャッシュクリアアプリ ISW16SH AQUOS PHONE SERIE

シェアする

Androidはむしろ消すアプリの方がPV稼げるってのが悲しい現状ですね。うん、俺だって色々あってこれ使ってんだよ。docomoにMNPして輸入したSIMフリーのXPERIA使いたかったよ。

そんな泣き言は置いときますが、やっぱガラスマなんで初期設定は重要です。まずおすすめはエコ技のデフォ設定。この携帯、エコ技って機能があって、電池残量に応じて電池食う機能を動作制限したりする機能があるんですね。特に画面オフ時にバックグラウンドアプリの動作制限をする機能は秀逸です。ただ、デフォではこの機能が電池が減るまで発動しない。設定→省エネ設定でアクセスできます。

残り20%になってようやく発動されても困るので、電池残量指定という項目のチェックを外しておきます。そうすると自分で指定したエコ技モードを保持してくれます。ただ、技ありモードではデフォルトだとかなり端末の挙動が制限されるので「なめらか」あたりの設定は標準と同様にします。じゃないとスクロールがガクガクになったりしますんで。このへんは適当に調整してください。省エネWi-fiはオンで不都合ないと思います。省エネ待受以外の設定はKEEPで良いのではないでしょうか。

余談ですが、省エネ待ち受け設定を押して出てくるアプリは都度異なるようです。なので、思い立った時にちょくちょく起動してバックグラウンド動作してほしくないアプリを除外する必要があります。

アプリ
そんなこんなで設定後、アプリは何を入れておけば?って話になると思いますけど、動作最適化系アプリで言うならば、どうも色々な話を総合するにタスクキラー系のアプリは端末の動作が不安定になって再起動などを繰り返すようです。なので、おすすめはFMRです。こいつは起動してからClearのボタンを押さないとタスクがクリアされないのでいいです。色もラボバンクっぽいし。自動でタスクキルをしないのでやさしいですね。このあたりを網羅しておけば、あとは常駐系の余計なアプリを回避していけば快適なスマホライフが送れるのではないかと思います。

まずは消すアプリを消してから、Batterymixで動作アプリを注視しつつ、エコ技の待受で要らないアプリのバックグラウンド動作を制限するってのがいいのかなーなんて思ってます。

スポンサードリンク
 
シェアする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください