端末発表会というか昨今の携帯について思うこと

シェアする

今日はKDDIの発表会があったわけですが、色々と思うことがあったので書きます。

まずキャリアへの文句。
発表会の前置きが長い…
だれもスマートパスのことなんか知りたい訳じゃなくて、新しい端末について知りたいのよ。そりゃ先に端末発表したらあとはみんな見なくなるって思うのはわかるけど、別に端末発表会見てもらいたいわけじゃないだろ?しかもだらだらだらだらとサービスについて社長が語った上にさらに誠が出てきてさらにだらだらだら…飽きちゃうよ。中身も全然面白くないし。
全般的に「冗長」という表現が似合うと思う。サービスに冗長性求めすぎて自分たちも冗長化されちゃったんでしょう。もっと簡潔に終わらせてほしい。あと小芝居はいらないよ。

そして客への文句。
求めるものが多すぎ。
わくわくしないとか、またゴミ端末ばっかとか、いやメーカーも大変なんだよ、シャープなんてフラッグシップとベーシック2つで3機種も出してんだぜ、 年に何回も端末出してそれでiPhoneと同じワクワク求められたらたまらんよ。だってそんなに詰めてないもん。商品コンセプトだってどうせ適当にハイスペックにしましたみたいなもんと適当にローエンドに振っただけだし。やっぱhtc Jだよとかドヤ顔で言ってる奴もいるけど、スペックそんな変わんねーだろ?海外端末マンセーしたいだけなんじゃないかと。海外端末ったらiPhoneだけど、iPhoneなんて初出から何世代だよ。ジョブズがドヤ顔でプレゼンする前に2年ぐらいかけてんだよ。そりゃかなわんて。だれもかなわん。結局アレに対抗していくにはスペック高い端末をバンバン出していくしか無いんだよ。iPhoneもUXは素晴らしいけど、画面小さすぎるだろいくらなんでも。そういう点で国内勢は頑張ってんだよ。ハイエンド端末だけ出してりゃいいってもんじゃないし。

ちょっと荒れましたが、携帯は難しい。ガラケーの時代からカシオ厨だのなんだのって派閥が別れるジャンルなんで。でもひとつ言いたいのは、客は冷静に考えて欲しいということ。海外マンセーしたいのもわかるけど、国産端末の完成度はかなり上がってきている。やっぱり国産端末は黒歴史が多すぎるのでネガティブイメージが強いけど、iPhoneだって最初電池持ちがなんだって騒がれてるじゃん?iPhone、iPhoneって言うけど、iPhoneは最大限のコスト削減のための最大公約数であって、必ずしも多くのユーザーのニーズを満たすものではない、iPhoneユーザーの誰しもその人なりの不満があるのはわかると思います。それをラインナップや小手先のスペックで補おうとする国産勢の動きは別に否定はできないです。

それぞれの戦い方で勝負してるのだから、もっと公平に見てあげていいんじゃないかなーと、思ったりするわけです。自分の意見としては、iPhoneの完成度はものすごく好きですけど結局Androidには負けます。おサイフケータイが便利なんで国産Androidは捨てられません。この先もiPhoneがFeliCaを乗せないならiPhoneに戻ることはないかなと思っています。難しい世界です。きっと答えは出ないと思いますが、引き続きスマホについては見守って行きたいところです。

スポンサードリンク
 
シェアする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください