IIJ mio vs 楽天モバイル vs mineoの格安SIM比較

シェアする

IIJ mioをやめて楽天モバイルにして、今度はmineoにした話を書いてみたいと思います。スピードテストとかではなく体感の話なのでご了承ください。

IIJの感想

一番最初にドコモからMNPして契約したのがIIJ mioでした。その時の比較対象はフルサービスのキャリアでしたので、

  • 昼休みおせえ!
  • そもそもいつもおせえ!
  • までも安いしこんぐらいの遅さなら我慢できるからいいや

という感想。料金は通話SIMの月3GBのプランで1,600円と激安で、遅さも我慢できる程度だったのでかなりの満足度でした。また、IIJ mioは格安SIM界の老舗だけあってユーザとの交流や情報公開に積極的。iOSアップデートの際も動作検証がめちゃくちゃ早いです。この辺の誠実な感じ、良かったと思います。また、通信内容によって帯域を制御していないことを公言しています。

IIJ mioでは200kbps通信の量が3日間で366MBを超えると速度制限がかかる可能性がありますが、そもそも200kbps通信なんてしないで常時全開運転だったので全然気にしてませんでした。

楽天モバイルの感想

iPhoneをやめてHuaweiのhonor8にしようと思い、1万円安い楽天モバイル
にMNPしました。この時の比較対象はIIJ mioになります。

  • 昼休み遅えってレベルじゃなくて画像がロードできないなにこれ
  • 不審に思ってスピードテストすると1Mbpsとか出てる。絶対ありえない
  • ついでに帰宅時間の19字頃~22時頃もずっと遅い。特に画像の多いまとめさいとなんかが劇的に遅い

えーと、まずはじめに言っときますけど、楽天モバイルはマジでおすすめできないです。昼休みのスピードが激遅なのと、おそらく流してるデータの種類によって帯域をコントロールしてます。GIFアニメや画像がとにかく重い。その割にYouTubeが意外と見れたりします。こういうのってソフトバンクもやってるけどどうなんですかね、通信の秘密云々はもういいですけど、通信事業者として誠実さにかけるなーと。

楽天モバイルに契約すると、楽天市場での買い物が1%ポイントアップになります。結構楽天を使うので魅力的なんですが、そんな魅力を吹き飛ばすぐらいに回線が遅いのです。楽天でんわの方はノーリスクで通話料が安くなるのでおすすめなんですが、他の格安SIMでも使えるので楽天モバイルのメリットにはなりません。

その上でどうしても楽天モバイルの端末が欲しい場合などは、データSIMのSMSなし525円を契約して即解約しましょう。

自分もそこそこネットで調べて、スピードテストの結果を載せてるサイトを見て問題ないかなと思って契約したんですが甘かったです。スピードテストドーピングしてるのと、使いもしないで適当にスピテスの結果を転載してるアフィリエイトクソブログのせいで、もはや口コミは信用できません。

MNPした後に知ったんですが、ちゃんとSSL通信させた画像の転送速度で格安SIMを比較しているサイトがありました。ものすごいちゃんと調査していてコメントも的確。ものすごく参考になります。
MVNOの格安SIMとスマホの比較サイト

さらに、楽天モバイルではIIJ mioと違って、高速通信時にも3日間制限があります。プランに応じてですが、月3.1GBのプランは3日間で540MBです。これ、油断すると意外といきそうになります。そして、この制限が厳密に適用されます。速度制限は「速度規制される場合がある」と「速度規制される」の場合がありますが、楽天モバイルの場合は確実に規制がかかって遅くなります。
3日間制限はなくなるそうです。
http://www.itmedia.co.jp/mobile/articles/1702/15/news109.html

プラン的には通話し放題オプションとか大容量プランがあって充実しているんですが、いかんせんスピードが遅いんで勧めづらいです。だいたいあの速度で30GBとかどうやって使うんだよ…

あ、一つだけ楽天モバイルの良い点があるとしたら、申込みから発送までがめちゃくちゃ早いです。土日挟んでも3日ぐらいで端末が届きます。発送じゃなくて回線を速くしろと。

そんな楽天モバイルでも使ってみたいって方は↓のアフィリンクからお願いします。


mineoの感想

楽天モバイルは1年以内だと9,800円の違約金がかかるんですが、もはやそんなもの気にしている場合じゃないほどイライラしたので、まぁHuaweiのサイトでhonor8買ったと思おうということにしてマイネオにMNPしました。

  • うぉぉぉ昼休みもちゃんとサイト見れる!
  • フリータンクって何これすごい!思わず1GB入れてしまった
  • 夕方から夜にかけても問題ない!
  • コミュニティ運営が素敵

まず最初に言っときますけど、マイネオもあくまで格安SIMです。フルサービスキャリア並の待遇は受けられるわけがないのでその点は考慮して読んで下さい。

速度的には、IIJ mioと同じぐらいです。昼休みはそこそこ遅くなります。ただ、楽天モバイルみたいにタイムアウトしやがったりということはなく、1Mbpsぐらいは出てる雰囲気です。画像の多いサイトもそこまでストレスなくロードできます。

個人的にすごくいいなと思った点は、mineoのコミュニティ運営です。マイネ王という質問コミュニティみたいなのがあって、ユーザ同士が質問したり答えたりして、いいねがつくとデータ通信が10MBもらえたりします。また、ユーザ同士にやりとりを投げっぱなしにしてるわけではなく、新機能の要望を募集したり、新機能の試用を募集したりと、積極的に運営側がコミュニケートしてきてます。

スタッフブログ – mineoの最新情報をお届け(王国通信) | マイネ王

フリータンク枯渇寸前事件も、すばやい制度変更により対応していたり、ネットワークの状況や設備増強スケジュールを公開していたりと、とにかく情報公開とスピード感がすごい。これでもともと電力系のケイ・オプティコムがやってるっていうんだから驚きです。

フリータンクについては最近引き出しが増えて枯渇気味になっているようですが、そもそも出張したときの急場しのぎみたいに使うもんだと思いますのでこれをアテにしてmineoを契約するってのはどうかなーと思います。あくまで助け合いの手段ですから、普段あまったらこまめに入れるようにしたいですね。でもこういう制度があるってのはすごい。自分も出張続いてパケット不足してきたりすることがあるのでありがたいです。また、家族以外の他人にパケットをあげられるのも良い。会社の人に分けてもらったりできます。

ベンチャー企業の楽天モバイルの方がベンチャーの悪い部分(リソース不足によるスピテスドーピングみたいな不誠実対応とか突貫工事っぽいクソ使いづらい管理画面とか)が出ているのに、お役所感が強くスピード感がなさそうなインフラ系のマイネオがここまで誠実でスピード感のある対応ができるっていうのは本当に凄いことだと思います。

そりゃコミュニティ運営だって一人じゃできないし、サイト、フリータンクやチップの運営ってめちゃくちゃコストかかってると思いますけどそこにお金かけるって大事ですよね。だんだん遅くなってきても、あ、来週大規模増強あるのか、って思えば気が楽ですし。

あと細かい話ですがウェブサイトに日本語のウェブフォント使ってるの、いいですよね。こういうのにお金使うのをケチらないのもいいと思います。

というわけでmineo、おすすめです。IIJ mioとマイネオだとそこまで体感変わらないし、料金も変わらないと思いますが、フリータンク制度やコミュニティのことを考えるとmineoの方がおすすめかなーと思います。



まとめ

さて、格安SIM3キャリアを日常使いするってマニアの方以外ではなかなか無い経験をしましたが、特に楽天モバイルの件はいい勉強になりました。それとともに、アフィリエイトによる検索汚染ってホント酷いなと思った次第。キャットフードのカナガンとかもそうですが、アフィ報酬引き上げて検索上位独占できるって発想、これもうペイドリンクぐらいひどい話なじゃないかと思って、それはまた別の機会に書こうかなと思います。

というわけで各SIMを一言でまとめてみましょう。
IIJ mio:堅実。シンプル。
楽天モバイル:激遅。
mineo:堅実な上に居心地がよい。
てな感じでしょうか。

現状、楽天モバイルを使っている人はIIJ mioでもmineoでも、MNP手数料払っても引っ越す価値はあるかなーと思いますが、IIJ mio→mineoになるとちょっと微妙かな。手数料に見合うメリットはないかも。逆もそうですね。

IIJ mioやmineoは、Amazonでエントリーパックっていうのを買ってそこから申し込むと初期費用が割り引かれますのでここから申し込むのがお得です。600円ぐらいで買えて3,240円が無料になるので差し引き2,500円ぐらい得できます。

スポンサードリンク
 
シェアする