レシート読み込みは必要なのか?など家計簿アプリ考(後編)レコメンドなどなど

シェアする

レシート読み込みは必要なのか?など家計簿アプリ考(前編) | Seamonkey-Director

というわけで後編では家計簿アプリの今後などについて考えてみました。

ReceRecoの今後
別に私が作っているわけではないのであれですが、ブレインパッドが出している家計簿アプリってことで例えば「オリオンビール6カンパック」ってレシートに書いてあったら酒類に自動的に分類してくれたりするとすごい便利ですよね。それも単純にOCRで読んだ商品名をDBにぶつけて結果を表示するんじゃなくて、DBに無かったら「ビール」とかの単語から予測もしてくれるハイブリッドなやつ。これ実現したら家計簿アプリ業界のランボルギーニ名乗れるでしょ。いいなぁ。楽しそうで。

そして輝くプライバシー問題とビッグデータ販売
ところですでにReceRecoのレビュー欄は第三者に提供云々のプライバシーを懸念する方が書き込まれてますが、彼らも慈善事業でやってるわけではないですし、あんまわーわー騒いだら会社のほうがやる気なくなってサービス終わっちゃいますよ。しかし、実際に個人が購入した商品名と価格が集まったら結構いい感じのデータになるんじゃないでしょうか。ビッグデータってやつ?こういうバズワード大嫌いなんですけどね。単純に実売価格を提供することもできるし、年齢と性別ぐらい取得しとけば購買行動とか追う上で役立つんじゃないかと思います。DNPもそれ狙ってんじゃないかなぁ。

もっとも、一般ユーザーからすると勝手に価格調査エージェントにされてかなりキモいことになるので、ここはポイント制にしてレシート入れてくれたらポイントが貯まる新感覚ポイントサイトとして立ち上がってくれると面白いんじゃないでしょうか。でもね、現行の規約でこれたぶん実現できるんですよね。タダより怖いものは無いって言うじゃないですか。ねぇ、奥さん。そういえばJANコードを客に入力させる鬼畜な家計簿サイトがあったような気がするんだけどまだあるのかな。

そういう意味で、レシート読み込みっていうのは手動入力よりも買った商品や値段が正確に把握できるのでいいですね。だから手動入力しづらいUIになってるのかな。そうなってくると鍵はレシート読み取りの精度よりも、商品名のマッチング精度になるんでしょうか。

レコメンドされるのはうってつけの場所
家計簿って、価格を入力して合計を見て反省する場所なので、レコメンドがすごい効くのではないかなーと思います。最近のアプリはレシートに書いてある電話番号からお店の名前を表示してくれますけど、これを使うと要は買い物してる場所がわかっちゃうってことなんですよね。つまり、いつもダイエーで買い物してるけど、隣のイオンの方が安いんだよね、みたいなお知らせを出してあげたりとか。んで家計簿つけてる人ってやっぱり節約志向なわけですから効果はあると思うんですよ。ガソリンなんかもいいかもねと思ったけどリッター単価入れないから微妙か。それこそレシートの事細かいデータにたいしていちいち茶々入れるみたいにこれはこっちが安くてこれはこっちが安くてってやろうと思えばできるわけで、しかも結構有用。客も嬉しい店も嬉しい。ものすごいサーバー負荷で頭抱えるエンジニアは嬉しくない。

というわけで

なんとなく近い将来の家計簿は見えた感じですが、ほんとは全部Edyで払えて自動的にオンライン家計簿に商品名ごと吸い込まれたらそれで終わりなんですよね、スマホ家計簿業界。どの会社にも言えることですが5年後は大丈夫だけど10年後はマジで闇なのがインターネット業界の楽しいところです。家計簿アプリ群雄割拠の中デベロッパーの皆様は大変だと思いますが、今はまだ手入力が一番です。ステップ数を減らすのと、UIをわかりやすく、そして1msでも早く入力できるレスポンスをよろしくお願いします。

スポンサードリンク
 
シェアする