ノートPCが不要になるiPadに感動!

シェアする

長らく我が家はハイパフォーマンスデスクトップ+そこそこノートブック+激安タブレットという構成で使い分けておりました。ただ、デスクトップはほぼ死蔵状態で、リビングでノートPCを使ってブラウジング、仕事などをして、たまにタブレットで動画を見るって感じの使い方になっていたのをどうも効率悪いような気がしたので構成変更した話です。

というわけで、思い切ってノートPCを売却(8万円ぐらい)、ついでに死蔵してたレンズ1本を売却(3万円ぐらい)、買ったばかりの激安タブレットを売却(1.8万円ぐらい)、それを元手に一番安いiPadとApple Pencilを購入(5万円ぐらい)、もともと持っていたBluetoothキーボードと組み合わせて使います。デスクトップは本気作業するときなどに使うようにします。

こうなると気になるのはなぜiPadなのかですよね、いくつか条件がありました。

  • ノートPCでやってたマンション理事会のメモとかを取れるようにしたかった。
  • キーボードも使えるし手書きもできるタブレットにしたかった。
  • 横画面でキーボードを出したときも最低限コンテンツが見えるようにしたかった。

まず、あんまり追加出費したくなかったので激安タブレットでペン入力できないかと、電池が必要なタイプのアクティブペンを買ってみました。

Huaweiの激安タブレットを使っていたのですが、どうにも追従が悪い。他のスマホだとマシなのでこいつはディスプレイの問題っぽいとあきらめてこうなったらいっそオフィシャルペンが使えるiPadにしちゃおうかと思った次第。動画の表示領域が小さくなると思ったけどあきらめっすね。

買ってみて気づいたのは、やっぱiPadの縦横比率いいなーってところ。ソフトキーボード出してるときもそうですが、横画面でターミナルいじってるときとか、Webサイト見てるときも抜群の使い勝手です。もちろんその反面、Netflixとか16:9前提の動画を表示しようとするとめっちゃ余るんで、9.7インチながら表示領域は8インチ以下なんじゃないでしょうか。

さらに、Officeですが全然期待してなかったんだけどパワポが普通に編集できる上に、Apple Pencilで手書きできるんです。さっと思い立った時に手書きでメモっといて、あとで清書とかが可能なわけで非常に便利です。結構簡単な編集ならそこそこできちゃうんでものすごく便利。しかも電池の持ちが無限大かと思うぐらい長持ち。

というわけで家でノートPCをサブにしてる人はいっそiPadをサブにするっていうのもありな時代なんじゃないかなーと思いました。あ、でもノートPCが完全ゼロは怖いんで会社のノートPCが持ち出せる前提なんですけどね。

スポンサードリンク
 
シェアする