LINEに対する嫌悪感は何なのか

シェアする

あまり気の進まないLINEのインストール。LINEをSNS化する「ホーム」「タイムライン」 Android版で先行公開 こういうのを見ちゃうと入れないとなーと思って入れるんだけどメモリを60MBぐらい消費する(通知オフでも!)のとなんか気持ち悪いのですぐ消しちゃう。またニュースになるとインストールという意味のないことを繰り返すチキンディレクターの私です。

今日嫁と話していて、友だちがLINEやってるって言われたらしくどうなの?って聞いてきたので、端末の電話帳から番号を読んでLINE登録者がいたらおすすめしてくるメッセンジャーアプリって言ったら、うわっ絶対やらねー!と言われました。これ通常の反応なんでしょうか。

ちなみに、嫁とはGoogleTalkでやり取りしてまして、それはもう便利に使ってます。なによりリアルタイムだし、プリインストールで簡単だし。なのでメッセージングアプリの便利さはわかってるはず。友だちともやり取りしたいだろうし。

LINEの機能をキモいと思うか何も考えないではいを押しちゃうかで何かがわかれている気がします。いや、わかってますよ。もちろん番号ナマで上げてるんじゃなくてハッシュ化してアップしてるってのは。でもキモい。なんかキモい。そのキモさ、同じ業界の人は結構共感できてる人も少しはいます。そして同じ業界人じゃなくてもキモさを共有できるうちの嫁みたいな人もいるわけです。

ソーシャルゲームに始まり、メッセージングアプリもそうですが、業界の人は使わないけど何故か流行ってる系のものがだんだん増えてきてる気がする。もちろん理由はわかってるんですがまぁ言わずもがなですかね。なんかこういうものでお金儲けするっていうのは正直じゃない気がして嫌です。

本当に思うのは、最近もしかしてWeb制作とかやってる場合じゃなくて、小学校とか中学校で「本当の」インターネットの歩き方というか読み解き方を教えていかないといけないんじゃないかなと。デジタルネイティブがどうのこうのじゃなくて、いかにネットの世界を歩いていくか、ネットとは何なのか。ディスプレイの、回線の向こうにどういう人がいてどんなことを考えているのか、そもそもインターネットというメディアは何なのか、そういうことを何年もかけて教えていかないといけないんじゃないかと思うわけです。それでいうとテレビとかもそうですよね。日本はメディアリテラシーの教育が遅れていると言われていますが、本当にそう思います。

Web業界は業界内でやれLINEだGREEだとわーわーやってる場合じゃなくて、もっと外に出ていってネットについての意識を広めていくのが必要なのではないかなぁと思ったりするわけです。別にリスペクトしているわけではないけど津田氏みたいな感じですかね。逆に、ネット内で意味のわからないことばかりやっている家入氏みたいな人には、金の使い道をもっと考えて欲しいと思ってやみません。

スポンサードリンク
 
シェアする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください