家計簿を継続するコツのようなもの

シェアする

家計簿ってつけるの大事だとは思うけどなかなか続かないですよね。そんな中、ようやっと悟りを開いて続けられるようになったので書いてみたいと思います。

どのツールを使うか
何を使って家計簿をつけるかってすごい大事だと思いますが、私のおすすめはOCN家計簿です。 これ、クレジットカードやら銀行やらのIDパスを登録しておくと入出金が全部集約できるんですね。いわゆるアカウント・アグリゲーションってやつです。って書くとセキュリティにうるさい人は嫌がると思いますが、冷静に考えて、IDとパスワードだけじゃどの銀行も振込とかはできないので、まぁ大丈夫じゃないかと思ってます。必ず別カードの暗証とか、別パスワードが必要ですよね。

このタイプの家計簿の何がいいかって、引き落とし系の出金が全部自動で記録されるのが楽ってところです。さらに、うちはわりとイオンで買い物することが多いのですがWAON決済なんかも自動で記録されます。あとでまとめて費目だけOCN家計簿上で設定するだけですね。Edyもいけるとだいぶ楽なんですが残念ながらEdyは非対応です。

ツールだけじゃないコツ
まぁ使うツールも大事だと思いますが、心構えが一番大事です。家計簿を失敗する原因は何かなーって思った時に一番あるのが、家計簿上の残高が財布の中身と合わなくなって帳尻合わせの雑費が月1万とかいっちゃうことじゃないかと僕は思ってます。というわけで、これを気にしない事にします。なんでかって?家計簿の目的は残高を知ることじゃなくて何にどれだけ使ったかを把握することだからです。まぁ忘れることもあるかもしれないけど、OCN家計簿に銀行口座を登録しておけば、少なくとも銀行の残高だけはぴったり合いますから。

カード払いを先送りにしない
これ結構デカイんですがクレジットカードのアカウントも登録しておくと家計簿上に出てきます。ですが、まぁ実際に使ってないのに未確定として出るんですね。で、実際の支払いは翌月か翌々月にまとめてドカンとくると。その時には一括10万みたいな感じで計上されちゃいます。普通は実際に支払った月にまとめて「カード払い」とかの費目で計上しちゃうことが多いんじゃないでしょうか。実際カードの明細見ながら入れるの面倒だし。 ところが、これは使った月に上がってきた未確定データを計上しちゃったほうがいいです。で、実際払った月の支出は計算対象外にしておく。実際お金は出て行ってないですけど使った月にきちんとつけておくのが正しく家計を知るという目的では正しいからです。

というわけで何点か書いてみましたが、やっぱり残高を合わせなきゃいけない!って気負っちゃうとしんどいんだなってわかりました。自分も今まで何回も失敗しています。逆に、何にどれだけ使ったか、目安程度にみてみようって気楽につけると結構楽です。

ちなみに、AndroidでOCN家計簿と連携できるZaimってアプリがあるんですがこのアプリの使えなさが尋常じゃないです。まず、起動時にネットワーク通信してデータを取りに行くので圏外だと入力できないし、入力するまでに時間がかかります。んで終了しようとすると「終了すると次回起動に時間かかるから終了しないでホームボタンでバックグラウンドに回してよ」ってメッセージが出て殺意が増幅します。お前、起動時はすんなり起動させてバックグラウンドで通信して同期するとかそういう処理するのがアプリだろうと。なんで起動時に通信走らせてんだよと。殺意しかわかない上にやたらアップデートが来るんですが基本的に何も変わらない。そして、入力ボタンがグレーアウトされていたりとどう考えても罠満載。かなり使いづらいです。なんでOCNはこんなのと提携したんだろう。もう費目追加できないのとかいいからとにかくロード時の通信を何とかしてくれ。

そんなこのアプリですがAndroidからOCN家計簿にデータを送れるのはこれ唯一なので仕方なく使います。というか、使わないとダメです。やっぱりお金を使ったらできるだけその場で記録しておくのも家計簿を続ける秘訣だからです。願わくば、このアプリがまともに使えるようになる日を夢見て…

スポンサードリンク
 
シェアする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です