パイオニアナビとDUN非対応スマホの接続でスマートループ渋滞情報を使う

シェアする

DUNプロファイル非対応のスマホ1台持ちにしてからパイオニアナビのスマートループが使えなくて不便だなーと思ってましたところ、CobaltBlue2というソフトでDUNに対応していないスマホでもスマートループが使えるようになりました。初期化したら忘れてしまいそうなのでメモ。
まず、既存のペア設定を解除しておきます。スマホ側のBluetooth設定で、楽ナビのとこ長押しです。(これやらなくてもいきなり接続設定でいいかも?)

次はナビ側の設定です。通信設定の通信接続設定のところでマニュアル設定を選び、以下のようにします。
接続先:マニュアル-Softbank(3G)
電話番号:123
DNS:プライマリ 008.008.008.008
セカンダリ 008.008.004.004
IDとパスワードは適当
DNSはGoogleの公開DNSなんですが、どうも8.8.8.8はナビの仕様でダメみたいで、必ず3桁ずつ入れないと通りませんでした。

次にスマホ側のでCobaltBlueを起動。BluetoothをONにします。ナビ側ではBluetoothの機器検索状態にした上で、CobaltBlueのスキャンを押します。するとパスキーを聞かれるはずなので、1111を入力(この辺の順番の記憶が曖昧ですが)。これで接続設定は終わりです。ナビ側で入れたIDパスをスマホで聞かれるという情報もあったのですが私は聞かれませんでした。あとは普通にヘッドセット機器として接続された状態で通信メニューからウェザーライブ取得を押します。CobaltBlueは無料状態だと渋滞情報の取得ができないので、まずはウェザーライブで試します。これで天気予報が取得できればOK(地図画面の下に天気アイコンが出る)。有料版を購入(私が買ったときは750円)するとスマートループの渋滞情報が取得できるはずです。接続が初めての人はスマートループ初期設定が必要です。なお、パケット通信料ですがたぶん定額範囲内です。まだ請求来てないのでわかりませんがWifiテザリングしても定額範囲内だったので一緒のはず。

ここまで行くと、あとはBluetoothがONの状態でエンジンをかけるとナビと自動的につながりますんで、渋滞ボタン長押しでスマートループ渋滞情報の取得が始まるはずです。CobaltBlueの設定で自動起動してない場合は、CobaltBlueを起動して、スタートを押す必要があります。スマートループ設定のところで、取得をオートにしておくと、自動的に20分間隔ぐらいで更新されるようになります。車だと電源があるので、あまり電池の消耗を気にしないなら自動取得がおすすめですね。

うちのナビは楽ナビLiteですが、インターナビや楽ナビも同様にできるんじゃないでしょうか。ただ、PdaNet使うと接続できるスマホもあるようなので、PdaNetどっちか出来る方でいいと思います。私のはXPERIA acro IS11Sですが、ナビ(MRZ77)とPdaNetの相性が悪くて繋がらない模様です。

最後にお約束ですが、これ一応テザリング扱いだと思いますのでくれぐれも自己責任でお願いします。

追記
最近の楽ナビはPAN対応しているので、わざわざDUNしなくても大丈夫っぽいですね。最近買った車についてたナビは古いサイバーナビでPAN非対応…

 

スポンサードリンク
 
シェアする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください