スマートループを使って遠出をした話

シェアする

以前カーナビとスマホをBluetoothでネット接続できるようにしてスマートループが使えるようになったのですが、先日初めて遠出をしました。東京の西のほうから千葉の東端あたりまで行ってきて、行きで表示されたルートは20号で調布ICから中央道に乗り、湾岸を通って行くルート。約48km、渋滞なしで予想到着時刻ほぼピッタリ。

まぁ最短距離だし、GoogleMapでルート作っても同じルートになります。1時間半ぐらい。ところが帰りは時間帯的にどの道も渋滞気味。予想到着時刻は2時間後。あーぁと思いつつルートを見ると、C2を北上して環七へ入り、新青梅街道から西へ行くルートになってます。

約58kmと行きよりも10kmプラス。あらあらと思って中央道ルートに戻すと2時間半後着とか言いやがるので、言われるがままにしてみました。結果、スマートループ受信してから表示された時間ちょうどぐらいに到着。途中で3回ぐらい渋滞考慮リルートが発動しましたが、マイナス12分だけど+18kmみたいなトンデモないご提案だったので無視させて頂きました。

スマートループの効果は賛否分かれてますが、結構良い感じなんじゃないかなーという印象。ちなみに、スマートループ使用中は電池の減りが結構激しいです。70%残量ぐらいで出かけて、運転時間が4時間ぐらいで帰ってきたら50%ぐらいになってました(この時間だと黙っとけば5~10%ぐらいしか減らないはず)。

BluetoothテザリングのCobaltBlueの消費量が結構行ってますが、それ以上にステータスバーの消費量が多い。恐らく通知エリアを使ってるからだと思いますが、ちょっと酷い。まぁ車中は充電できるからいいか。FM-VICSのデータを見て脇道に入ったらそこも混んでたという経験が多いので、対応機種使ってる方は試してみてはどうでしょうか。テザリングすれば定額範囲ですし。

スポンサードリンク
 
シェアする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください