ユピテルDRY-Slim1のレビュー。ドライブレコーダー探し

シェアする

ずっとドラレコが欲しいと嫁に言われていて、自分も必要かなぁと考えていたおり、台湾の飛行機事故映像を見て購入に至りました。別にああいう動画を撮りたいわけじゃないけどもしもの時にあったらいいかなーと思いまして。

というわけで、色々検索した末にDRY-Slim1というユピテルのものを購入。決め手としては以下のとおり

・安い(7000円ぐらい)
・小さい
これだけ。旅行の記録をしたいとかであればもっと画質がよいものを選ぶと良いと思いますが、うちは緊急用なので安くてちゃんと映ってれば良いと思いこれに決定。

衝撃検知タイプやGPSタイプなど、機能を追加していけばキリがないですが、とりあえず録画できればいいやという用途であればこれで十分。ちょっとレビューしてみます。

画質

HD720pで録画できます。AVI形式で保存されているので、WindowsでもMacでも再生可能。録画ファイルは1分、3分、5分、10分ごとに自動分割してくれます。早速Macで再生してみましたが、思った以上に綺麗に録画できていました。ただし、夜間の画質はヘッドライト範囲がかろうじて見えるぐらいですね。信号の点滅は、細かく点滅しているので支障はないです。

取り付け

取り付けは両面テープでマウントをフロントガラスに貼り付け、そこに本体を差し込む感じ。マウント部分が本体が薄型ということもあって結構頼りないです。たまにぐらついてないか確認したほうが良いでしょう。電源ケーブルは車種によりますが内装をめくって中に押し込んでいけば大体綺麗に収まります。うちの車はピラー部分がちょっとだけはみ出したけど特に気になりません。余ったケーブルはグローブボックスの下側影の部分にビニテで固定する感じ。表からは見えません。詳しい人は直結ケーブルを買ってくれば付けられると思います。薄型でうまくミラーの影に入れられれば運転中に気になることはないでしょう。

要望

録画中は画像がディスプレイに映るんですが、これ別に見えなくていいのでOFFにできたらよかった。また、Amazonレビューにも書いてありますけどカードの抜き差しがクッソやりづらいです。まぁ頻繁に抜き差しするものでもないですが、爪で押し込まないとカードが出てこない&出てくる時はぴょコーン!て飛び出して転がっていくので注意が必要です。できれば簡単に出てきて、かつ途中で止まってくれると良かった。

付属のmicroSDカードは4GB。30分程度しか録画出来ないです。常に直近の映像が録画されていて上書きされるわけですが、もうちょっと容量大きいのに替えてもいいかなという気もします。もっとも緊急時に30分以上遡る必要もないだろうからこれで十分かな。

録画して再生してみましたが、いいですねー。これだけうつってりゃ問題ないでしょう。

というわけでドラレコのレビューでした。

事故ったので追記

先日、突っ込んできた車にぶつけられたので再レビュー。
雨の日でしたが昼間で画質は全く問題無いです。超クリア。ただ、その場での再生においては画面が小さすぎて細部が見えないです。万全を期すならスマホに挿して再生できるようにしておくか、スマホ対応のUSBカードリーダーなんかを車に入れておくと良いかも。もちろん、事故の概要は判別可能です。視野角的にもそこまで問題になるほど狭いわけではないですね。そもそも横から突っ込まれたら見えないですし。

事故の衝撃でマウントから吹っ飛ぶ等の問題はありませんでした。設定については、録画ファイルの細切れ間隔はデフォ3分を10分に変更していたのですが、これは変更しない方がいいですね。その場で再生するときに最悪かなり見続けないといけないので。

今回は相手車のブレーキランプが点いてなかったのと、ウィンカーを作動させていなかったのがドラレコでバッチリ見えたので過失割合はかなり有利に交渉できました。

さらに追記

インプレッサスポーツに載せ替えたので取り付けレポートをUPしました

今の新型はこちらのよう。
ワンタッチ録画ボタンで直近ファイルが別フォルダに格納されるという便利機能が追加されたみたいです。

スポンサードリンク
 
シェアする