トイレをリフォームしよう!第2回〜TOTOピュアレスト+アプリコットF1Aレビュー編〜(3年後のレビューあり)

シェアする

というわけで第1回の選定編に続き、今度はレビュー編です。ちなみにかれこれ2ヶ月ぐらい使用しています。

機種と見た目など
結局選んだのはTOTOのピュアレストEXとアプリコットF1Aです。これはタンク付きトイレながら、トラディッショナルなトイレ形状よりもちょっとタンクレスっぽい形をしています。特に、壁の排水管部分がカバーで覆われているので込み入ったところまで掃除しなくてよいというところがいいです。また、アプリコットは非常に薄型な形状になっていまして、おしりの部分がどかーんとしていた従来のウォシュレットよりも大幅にスリムになっています。

洗い心地
正直、ウォシュレットはTOTOよりもPanasonicの方が水流の感じは好きなんですよね。TOTOは1点にブシューっとあたる感じがしてちょっと痛いというか…ただ、やわらか洗浄というボタンが有りまして、これはものすごいソフトに洗ってくれます。通常洗浄とやわらか洗浄を組み合わせると良い感じになります。マッサージ機能はあまり意味は無いかなーというところですが、ムーブ洗浄は結構便利でよく使っています。

節水機能
選定編ではあまり重視していなかった節水機能。だってどこのメーカーもたいして変わらないんですもん。で、実際大4.8リットル、小3.6リットル、Eco小3.4リットルなんですけどいやこれ結構しんどいですよ。汚い話ですが大でも1回だとブツの状態によって流し漏れが発生します。特に軽量のブツはかなり厳しく、ネコのブツについてはきちんとペーパーでくるまないと浮いてきて流れません。ちなみに、アプリコットのオート洗浄が付いていると、立ち上がってから5秒〜15秒の間で自動的に水を流すことができます。これ絶対設定しといたほうがいいです。普通のトイレに慣れてると結構ペーパーをためてしまいがちなので、自動で流れてくれると詰まりも予防できそうです。しかし結局、たかだか20秒で拭ききれるはずはないのであまり節水にはなっていないかもしれません。

お掃除
まず、結構サボっても黒ずみはできません。これはすごい。次亜塩素酸水のおかげなのかセフィオンテクトのおかげなのかはわかりません。また、付着した汚れもかなり一発目の洗浄で落ちる確率が高いです。便器のエッジ部分ですが、旧来のトイレのようにオーバーハングしている部分がないのでお掃除は非常に楽ですし、お掃除ブラシよりも厚手のトイレシートを使ってこする方がやりやすいです(ただし、乾いている時に拭いたほうがよいかも)。ちなみにINAXの高いトイレは電動でウォシュレットがリフトアップする機能がありますが、アプリコットはボタンを押して外すタイプです。それでも旧来のウォシュレットでは掃除できなかった部分が簡単に掃除出来ますし、満足感は高いです。本体がコンパクトなのでそんなに重さは感じないです。

自動で色々やってくれること
まず、次亜塩素酸水を用を足す前後に便器に噴射してくれます。さらに、用を足した後に自動で流してくれます。ただこれが曲者で、自動洗浄→次亜塩素酸水噴射が結構すぐなので、立ち上がる→自動洗浄→まだ拭いてる→ペーパーを捨てる→噴射→また流す→再噴射→あわわわ、とちょっともったいないことが発生します。ちなみにこの次亜塩素酸水の噴射タイミングは変更できません。便座のヒーターですが、上位モデルはセンサーで人間が近づいた瞬間に温めますが、下位機種は使用頻度の低い時間を記憶して自動で電源を切るそうです。スーパーおまかせ節電を使用すると電源OFFの時間が発生するので、最悪冷たい便座に座ることになります。個人的に思うのですが、暖房便座使うぐらいなら取り外ししやすい便座カバー敷けよと思います。まぁ衛生面での不安があるかもしれませんが頻繁に洗えばOKです。うちは温水も暖房便座もOFFにしてます。

驚き
なにせ20年選手の賃貸にずっと暮らしてたんでこういう最新設備とは縁遠い生活だったんですが、びっくりしたことを何点か。まずタンクのなかにプラスチックの水槽が入ってたこと。普通陶器のタンクに直で水が入ってるもんだと思ってたんですが、最近は違うんですね。次に、なんだかよくわからない次亜塩素酸水とセフィオンテクト。こいつらのおかげなのかトイレ掃除がくっそ楽です。今までゴム手袋してトイレットペーパーを濡らしてエッジに貼り付けて、サンポール染み込ませて1時間放置したあとにブラシで擦って黒ずみを落としてたんですが正直アホらしいです。10年経った後でもこの激落ち性能を維持してほしいものです。あとは脱臭ですねー。会社のトイレにパワー脱臭が付いてたんですが、進化してるのかな。ほんとに匂いが外に出てこない。これは地味ですがすごい機能だと思います。ちなみに、立ち上がった後にパワー脱臭するのもデフォルトオンなんですが、結構うるさいのでこれは切ってます。

まとめ
いやー、21世紀のトイレってここまできたんですね。ホントはタンクレスでさらに未来へ行くのも良かったんですが、トラディッショナルなトイレ付きでも全然満足出来ます。アステオとかGGみたいなタンク一体型もあるのですが、ちょっとかっこ悪い気がします。結構シンプルにおさまるピュアレストがイチオシです。高いけど。施主支給などで安くあげることもできるらしいですし、トライしてみるはどうでしょうか。

追記
買ってから3年経ったのでその後のレビューなどをしてみます。まず汚れ。ビビるぐらいつかないです。今でも買った時と同じぐらい綺麗。これはほんとにすごいと思います。掃除の頻度は1週間〜2週間に1回ぐらい。正直もうちょっと掃除しろよって感じなんですが、全然汚れないので。。

ただ、さすがに水の吹き出し口の奥の方は黒ずみが結構ついてますね。歯ブラシか棒状のもので掃除したら綺麗になりそうな気はします。あと、脱臭ファンの吸入口の奥にだいぶホコリが溜まるようです。ここは全然目立たないので最近まで気づかななかったのですが、普段から掃除機で掃除することをおすすめします。

特にトラブルなく3年間使っている状況で、やっぱTOTOいいなーと満足しています。ちょっと高かったけど良い買い物でした。

スポンサードリンク
 
シェアする