結局は利率で選んだ住宅ローン

シェアする

さて、以前住信SBIネット銀行とソニー銀行を比べてると書いていましたが、結局最後は地銀に決めたのでその辺について書いてみたいと思います。

やっぱり決めては長期固定の金利でした。各行が20年固定で2.5%〜3%程度、そこに不動産屋の担当者から電話が来て、地元の地銀の話を聞いて欲しいと。行ってみると、20年固定で1.65%が出てきました。しかもガン団信込み。さらに3大疾病つけても+0.1%。全額変動ならソニーにしようと思っていたのですが、どうも金利の先行きが怪しいこともあって、半々のミックスにしようかなーと思っていた矢先のこの金利だったので思わず飛びついてしまった次第です。保証料はかかりますが、ネット銀行は手数料が高いので結局諸費用は同じぐらいです。何より、営業さんが熱心な人でその後も優遇金利の交渉してくれたり、手続きに会社の近くまで来てくれたりと至れり尽くせりです。

もちろん、ソニーや住信SBIと比べた時に強烈なデメリットがあったので書いてみます。
・繰り上げ返済手数料が100万円未満は5000円。しかもネットでできない。
・ネットバンキングの手数料が鬼(他行宛振込み500円とかw)
・手続きが全部紙ベース。住所の変更すら紙ベース。
・ネットバンキングのUIデザインがヤバイ。
・E-netのATMは手数料が無料にならない。
→セブンとイオン銀行のみ
とまぁこんな感じです。
これで住宅ローンの支払専用口座だったらまだ良いのですが、金利優遇の条件で給与振込み口座指定が入ったので、毎月この口座からメインバンクへお金を移動する手間がかかります。結構めんどくさいですね。とにかく振込手数料が鬼のように高いので、安易に振込はできないわけです。それと引き換えに低金利を手に入れたので我慢ですね。

繰り上げ返済を細かくしたいという当初の希望があったのでネット銀行に傾いていたのですが、そのあたりは低金利と天秤にかけて諦めました。もともと元本がそこまで多くないのと、当初10年は住宅ローン減税があるので繰り上げしたつもり貯金をしておこうと思ったので、10年で100万以上になるか、その前にネットで手続きすれば繰り上げ返済無料になるのを祈ります(銀行担当者も、オフィシャルな話ではないけど、何年かあとにはそういう流れになるのではないだろうかと話していました)。

そんなわけで、6月から金利上がってますけど、5月に低金利の長期固定でローン実行できてよかったです。これも、不動産屋が銀行を紹介してくれなかったら見つからなかった話しなので、やっぱりFace 2 Faceのコミュニケーションてのも大事なんだなーと思いました。ネット銀行だけに絞らないで、地銀などもあたってみることをおすすめします。ネットにも出てない金利が出てきたりするものです。

スポンサードリンク
 
シェアする